スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ちょっとね、作詞とかやった動画が投稿されてね


作詞させていただいたのが投稿されました。
メンバーが神すぎてとても怖いです\(^o^)/
だって一人はプロ・・・だぜ?
すごく自分が浮いて見えr

簡単にいうと、大切なものを取り戻すため、過去の自分に出会う。そういう内容です。
一番が大きいレン視点、二番が小さいレン視点となります。
これは、たとえば物理的な故郷へのタイムスリップの話だけじゃなく、精神的な回帰という意味でも歌詞がとれるかもしれません。というか、三つの側面でとらえられるような意味で書きました。

以下、半ば独りよがり歌詞解説。

●まず一つ目、精神的な故郷での”僕ら”の出会い
大きくなった自分は心の故郷へと下ると、昔の自分が僕と出会います。今の自分にはもうなかったものを、その幼き自分に見出して、「なくした夢を追いかけよう」と新たな思いで旅立ちを迎える。

小さな自分のほうは、未来に思いを馳せ、未来の自分を見つめてみる。そこで未来の自分に向って一つの大切な約束をする。その約束は人それぞれかもしれません。けれど、その小さな約束を胸に抱えて少年は生きていく。

やがて未来の自分と過去の自分は交じり合い、運命を紡ぐ。
そんな懐古と、旅立ちの意を含んだうた。


●二つ目は、僕×僕!←
小さなころの自分に巡り合い、そして「なに昔のぼく超可愛いじゃん」と始まるナルシズムの気配
一番はじめにぼくから出したタイトル案が「昔の僕はとっても可愛い~始まるナルシズムの気配~」
だったことは実話です←
僕×僕っていいよね!!
サビの「二人つなぐてのひら」なんてはたから見たらどう見てもショタ誘拐です本当n
交わる長い影とかこれ絶対あれですよね、キスシーn
”気をつけるよう”という父の言葉は”不審者に気をつけるように”というある種の予言だったのですね!
自分もかつてはショタだったという忘れかけていた夢を追いかけたりなんかしたり
最後には”さよなら”と誘拐を断念するのですが、その背中が泣いて見えたのは言うまでもないでしょう
約束って何ですか、また迎えに来るねとか、僕のお嫁さんになってくれるかいとかそういうことですk\(^o^)/
そしてまた新しいショタやお兄さんとの出会いを求めるため、二人は決別することになったのだった!

・・・ふぅ、こんなこと考える人ちねばいいのn\(^o^)/



●三つ目、物理的タイムスリップ
これは、そのままなのですが。もとは一応このタイムスリップとして書いていて、色々調整を加えました。
・・・実は、ここだけの話、この世界観を出すにあたって、とあるゲームの話を参考にさせていただいてます。
それは、ド●ク●Ⅴ←
わかる人にはこれだけでわかる。
タイトルのコガネイロも
コガネイロ=黄金色=ゴール●オーブ
からとりましたし\(^o^)/
冒頭の「教会オルガン」とかそのまま\(^o^)/
小さな子犬もベビー●●サーでs\(^o^)/

ただ、その元ネタがわかる人にはさらに歌詞を深く掘り下げられると思うのですよ。
一番。
今はすでにもうなくなってしまった故郷にやってきた”僕”の体は懐かしい故郷の空気に震えが止まらない。
”父に似ている”と懐かしい昔の自分にいわれ、ああこの世界に父はまだ生きているのかとより一層泣きたくなる。
手を握って歩く彼のてのひらは小さい。
最後に昔の自分とひとつだけ約束をします。
「これから辛いことがあっても絶対くじけたりしちゃだめだよ」
そう言い残して、なくした夢を取り戻すため、彼は未来へ戻り旅を続けます。
二番。
ペットといっしょに外へ飛び出す彼。いつものように父に”気をつけるんだぞ”という言葉を背中に受けとめながら。
知らない人が覗き込んできたけれど、彼の瞳は青色で、知らないはずなのにどこか懐かしいような気がする。それはいつも鏡で見ていた自分と重ねているのか、それとも顔立ちは父よりだけれど瞳だけは今は行方不明の母似だという彼女の瞳を思い出しているのか。
手を握って歩く彼のてのひらは大きい。
彼は「これから辛いことがあっても絶対くじけたりしちゃだめだよ」と笑顔で言います。夕日に照らされたその笑顔は眩しく、けれどどこか悲しそう。
「うん、大丈夫だよ、絶対負けるもんか」
そう強気に返すと、彼は少し苦笑して、眩しそうに眼を細める。
そして”さよなら”と去っていた彼の背中は、なぜかさみしく見えた。
最後。
つなぐてのひらからはお互いにぬくもりが伝わってくる。
二人の影が交わるように、僕らの運命も交わり、そして過去と未来が混ざるように運命を紡ぐ。
大きい彼は思います。ここで残ったなら父も死ぬことはないし、昔の自分もこんな辛い運命をたどらずにすむ。けれど、お互いに一つの約束を交わすだけで、僕らは明日を目指し、まだ見ぬ新しい出会いのために決別する。
そして、過去と未来に戻る僕ら。けれど、”僕ら”は”僕”という形でつながっているんだ。
……なんてそんな意味を込めた歌詞です。

はい、独りよがり終わり\(^o^)/
まあ、なんていうか。
曲も詞もイラストも動画全部を気に入っていただけたら幸いです!





以下一言メッセージ&メルフォ返信
大分前から返信していないものもあったのですが、少し間を開きすぎてしまったので!
最近のものの返信だけさせていただきます。申し訳ございません。

●一言メッセージ
>文の作りが素敵です。おもわす、魅せられ~
あ、あ、ありがとうございます!
せ、赤面ですか、むしろ二次初めてがあれだったということを思い出すとぼくも赤面したくなります、すみませんw
お言葉嬉しいです、読んでいただきありがとうございます!




●メルフォ
>シュウさん
ありがとうございます!
VOCALOIDで真面目にお話を書こうと思ったとき、逆にVOCALOIDだからこそ書ける話とは何か、について考えて書くことが多いです。なんていうのでしょう、あまりうまく伝えられないのですけれど、色々な思いを込めて書いたのでいろいろと考えていただいてうれしいです><
はい、これからも更新頑張ります!
あ、ご指摘ありがとうございます。すみません、気づいてませんでした、後で直しておきますね><
スポンサーサイト
【2009/03/20 21:19 】 | VOCALOID | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。