スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
身内ネタ
ぶんがくじゃーのオレンジがはまっているゲームを考えてみようのコーナー。



ファイナルハーツ
「最後の選択が、運命を決める――」
その鮮烈なキャッチコピーが話題となったRPGゲーム。通称FH。
従来のRPGゲームシステムを踏襲しつつ斬新な要素も多く含まれた本製品は評価も高く、半年で200万本の売り上げを記録した。後に続くファイナルシリーズの第一作。
舞台は真大陸と偽大陸、エルフランドを中心に進められていく。
ストーリーは全13章からなっており、章ごとに操作キャラクターが変わり、それぞれの話が複雑に絡み合っていく。
13章はシンタイリク編とヤマビコ編、マボロシ編の三編からなっており、1章から12章までに登場したキャラクターが登場する。シンタイリク編とヤマビコ編にはそれまでのゲーム進行や途中の選択肢によってキャラクターが二編のどちらに登場するかが決定され、キャラクター固有イベントも編によって変わるが、キャラクターによってはもう片方のシナリオへ登場させる条件がかなりシビアであったりする。ゲーム進行によっては13章までにキャラクターが死亡することもある。最後のマボロシ編でエンディングを決める選択がキャラクターごとになされ、それまでの進行によって選択肢自体が変わる。
また、特定条件を満たすと13章の後に真最終章が登場し、新エンディングを見ることができる。真最終章ではすべての仲間キャラクターを同時に使うことができる。
戦闘システムは従来のRPG型を踏襲しているが、いくつか本作品特有のシステムもある。
代表的なものとして「魔法」に値するシステムが大陸ごとに変わることが挙げられる。
偽大陸では魔力を根源とする魔法を使えるが、真大陸とエルフランドではマナを根源とするマナリーに変わる。同キャラクターでも大陸によって使える技が違ったり、魔法は使えるがマナリーを使えないなどのキャラクターもいる。パラメーターも魔力とマナ力があり、それぞれ魔法とマナリーの効果に作用する。
武器や防具、アクセサリーも大陸によって効果や性能が大きく変化することがある。



太鼓の鉄人
廃棄場に捨てられていた太鼓に命が宿り、周囲のゴミが合体してできた生きる巨大ロボ、通称「太鼓の鉄人」。
音楽の力を使って悪の組織「ソウオニオン」と戦う。
音楽とRPGアクションが合併した新感覚ゲームとして名を馳せた。続編に「太鼓の哲人」がある。
メロディーにあわせたコマンドをいれることで攻撃力があがったりコンボがつながり、敵を倒していく。
スポンサーサイト
【2009/03/25 23:54 】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。