スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
【歌詞】LEGEND
色々SSをフォルダから引っ張ってブログを倉庫にしている状況でしたが、思えば昔書いた歌詞をあげたことはなかったなあ、なんて思って、恥を忍んであげてみます。
幾つか、某ピアやSNSではあげたことあると思うんだけど。


LEGEND


-A-
異国の 大地を 駆け巡り
悠久の丘を 見上げる
遥かな 荒野に 登りゆく
寂寥の 夕日

右手に 掴んだ 左手は
いつしか離れて 虚しく
求める 空手(からて)は 中空を
掴み取る ばかり

-B-
天駆ける 星の夢に
澄んだ涙が 風に 流れ
水鏡(すいきょう)に 映る 鳥へ
波紋を 落とす 時の 果実

-サビ-
誰も知らぬ 終わりを 求め
郷里の 歌を 救い出せ
愛を知らぬ 廃墟の 中で
空虚な 闇が さんざめく



-A-
琥珀の 炎の 見る夢は
諸刃の幼き 幻
羽散る 数奇な 青鳥が
峰の間を 進(すさ)ぶ

運命(さだめ)と 出会うは 人踏まぬ
茨に捕らわる 歌姫
閉じゆく 空手(からて)が 月裏に
掴み取る 明かり

-B-
葉の音(おと)に 光が射し
逆立つ波に 歌が 流れ
突き出す 剣を 返し
再び 見(まみ)ゆ 荒れた 両手

-サビ-
誰もが知る 奇跡に 出会い
流れる 歌の 温もりを
愛の溢る 涙の 粒が
右手に 掛かり 掻き消える


-サビ-
誰も知らぬ 終わりを 求め
幾刃(いくば)の 歌を 奏で合え
愛を知らぬ 闇夜の 中で
小さな 種子が 芽吹き出す

堪(こら)えられぬ 痛苦を 感じ
引きずり 歩く 行方には
失われた 記憶に 出会い
両手に 時を 取り戻せ





ファンタジーな歌詞。難しい歌詞に見えますがそうでもないです。
書き終わった後に自分で解釈したりしましたが、よく分かりません。
書いたの高三ですが中二病な歌詞です。
敢えて言うなら、イメージとして

主人公=レン
少女=リン
鳥=カイト
琥珀の炎=メイコ
歌姫=ミク

といったもの。

蛇足ですが、なんかこれ知り合い何人かに「曲付けていい?」と言われたこともあって「好きにしてー」って言ったんですが、どなたもその後に多忙っぽく結局なかった話になっている感じなので今もってフリー。
スポンサーサイト
【2010/01/20 16:31 】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。