スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
【歌詞】おひるねファンタジア
自分が歌詞として書くものの多くって、歌詞というより詩や物語を書いているイメージに近いのかもしれない。



おひるねファンタジア



-A-
ぽかぽか陽気に まぶたを閉じれば
自分の世界を 散歩する
選んだ扉の 向こうに広がる
誰かが描いた ファンタジー

剣と勇気を ひきずり歩いた
へなちょこ勇者の 旅話
宝箱の前 小石躓いて
垣根の中から 目が覚める

-B-
歪な小枝 振り回して
夢の続きを 空に描く
後少しだけ 覚めなければ
輝く宝 つかめたのに!

-サビ-
さらわれた姫を 魔物から救い
空飛ぶ城 優しい仲間たち
願い事一つ 女神様叶え
そんな夢が 見られるといいなあ


-A-
雨音の中で まぶたを閉じれば
自分の世界に 雨宿り
湿った畳は 雨雲絨毯
水の妖精が 奏でてる

空降る涙を 止めてもらうため
神様の悩み 解決さ
雨を泳いでは 雲に突っ込んで
クッションの中で 目が覚める

-B-
虹のクレパス 紙を踊る
夢の続きを 空に描く
後少しだけ 覚めなければ
七色の橋 渡れたのに!

-サビ-
青い大空を 翼で飛びたい
綿菓子雲 コンペイ糖の星
雨が止んだら 鳥とこんにちは
そんな夢が 見られるといいなあ





タイトルの語感がよくて書き始めた詞だった気がする。
特に細かいこと考えたわけじゃないので、特別言うことはなかったり。
子どものときのあのカオスだけれど楽しい夢、そんなほわほわした感じの気持ちになれればいいなあと思って。
スポンサーサイト
【2010/01/20 16:42 】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。